南山大学大学院人間文化研究科 教育ファシリテーション専攻

トップページ専攻概要研究の特徴院生のページ入学希望者に

院生のページ

研究を充実させるために

 

大学院では、それぞれの皆さんがもっている問題について研究し、修士論文と いうものにまとめていくことが最も重要な課題です。「研究とはどのように行うのか」とか、「修士論文とはどのようなものなのか」ということについては「研究指導I〜IV」などで指導を受けることになります。以下には参考になる本やHPを挙げておきます。また研究に役立ちそうなソフトウエアについても紹介します。

学会誌の論文を参考にする
論文とはどのようなものかを理解する場合には、さまざまな学会の学会誌を参考にするのがよいでしょう。一般の書店で販売されているようなものはほとんどありませんので、大学などの図書館で閲覧するか、図書館相互の複写サービスを利用する必要があります。
研究法
  • 心理学研究法入門−調査・実験から実践まで− 2001 南風原朝和・市川伸一 ・下山晴彦(編) 東京大学出版会
  • 心理学におけるフィールド研究の現場 2001 尾見康博・伊藤哲司(編著)  北大路書房
  • 心理学マニュアル・シリーズ(北大路書房) 「研究法レッスン」「要因計画 法」「面接法」「質問紙法」「観察法」などが出版されている
統計法
  • 本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本
    1998 吉田寿夫(著) 北大路書房
  • 新版 要説 心理統計法 2003 山上暁・倉智佐一(編著) 北大路書房
  • 南山大学学部授業 「心理測定法・心理調査法(旧 調査・測定法I、II)」用資料
    http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/~urakami/class.html
執筆にあたって
  • 論文を書こうとする際には、気に入った論文の書き方(論文的表現)をまねてみるところから始めるのがよいと思います。自己流は、基本的な書き方を習得してから工夫にいかして下さい。また、図表の書き方や引用文献のリストには定型があります。以下は代表的な定型です。
  • 社会学評論スタイルガイド 日本社会学会
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jss/jsr/JSRstyle.html
  • 心理学研究 執筆・投稿の手引き 日本心理学会
    http://www.psych.or.jp/publication/inst.html
研究に役立つかもしれないソフトウエア
  • 忙しい社会人院生が修士論文などを書く際には、いかに時間を有効に使うかがポイントになるでしょう。時間と労力の節約には、手持ちの情報機器をフルに活用することが近道だと思います。パソコンや携帯タブレット、スマホなどを便利に使いこなしましょう。以下には、特にパソコンに関するソフトウエアを紹介します。

 

 

リンク 交通アクセス お問い合わせ