南山大学 英語教育センター
NEEC 「学ぶ英語」から「使える英語」へ
TOPワールドプラザ教員紹介目からウロコラム


名古屋キャンパスでは2007年度、NEEC(Nanzan English Education Center)という組織を開設しました。
ここでは、名古屋キャンパスの学部生が受講する共通教育科目の英語(必修・選択必修・選択)を提供するプログラムを企画・運営しています。学生の英語運用能力に応じたクラス編成をし、効果的な学習ができる環境を提供しています。また英語教育を専門とする多くの専任教員と非常勤教員が、学生の専攻やモチベーションを意識しながら授業を運営しています。教員からの一方通行の教育ではなく、学生からの積極的なインプットを促すような双方向の授業を目指しています。
教室の中でも外でも学生のみなさんの学習意欲に応えられる−それが南山大学の英語教育なのです。

英語教育センターNewsワールドプラザNews最新コラム
2016 “ALC NetAcademy2”の利用(PCから)はここをクリック
※右下バナーをクリックして、ログイン画面へ進むこともできます
利用にあたり、南山大学のAXIAアカウントとパスワード(時間割確認などを行うPORTAのアカウントとパスワード)が必ず必要になります。
Yahoo!等の検索エンジンで出てくる各種「ALC NetAcademy2」のページは、南山大学用のものではありません!このウェブページにあるリンクをクリックしてください。
※利用に関する質問や不具合は英語教育センターへ報告してください。
メディア
掲載情報
2015.06.23 中京テレビの特別番組でWorld Plazaを紹介!
中京テレビの特別番組『オリエンタルラジオの大学はやっぱり愛知県へ行こう!』にて、World Plazaが紹介されました。番組の模様は、中京テレビ公式YouTubeチャンネルでご覧いただけます。
番組をご覧になるには ここをクリック

2014.08.27 
「螢雪時代」でWorld Plazaを紹介!
(株)旺文社の大学受験情報誌『螢雪時代』9月号pp.128-129にて、World Plazaが紹介されました。

2013.04.04
 「えいごネット」でWorld Plazaを紹介!
外部ウェブサイト「えいごネット」にて、World Plazaが紹介されました。
当該ページはこちらをクリックしてください:
http://www.eigo-net.jp/info/other/daigaku/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 南山大学 英語教育センター
 (南山大学名古屋キャンパスR棟地上階)

 TEL:052-832-3214(直通)
 FAX:052-832-3204
 Email:neec-admin@nanzan-u.ac.jp
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

英語教育センターNews 一覧

2016.4.20

WP2015は5月中旬にオープン予定!

英語教育センターに併設されているワールドプラザは現在、5月中旬に再オープンできるよう、準備を進めています。オープン日が決まり次第、このウェブページやワールドプラザ前の掲示版で案内します。
日本人学生を中心としたWPA(World Plaza Assistant)たちと、日本人学生を中心とした利用学生のみなさんが、日本語以外の外国語でいろいろなことを楽しく学べる場所、それが名古屋キャンパスワールドプラザです。「日本人同士なのに日本語禁止?外国語オンリー??」…そんな不思議なことが、ここでは当たり前なのです。ぜひみなさんも、“不思議”を“当たり前”に変えてみませんか?お待ちしています!
2015.10.16 2015年度の “ランゲージ・タイムテーブル” は ここをクリック
2016年度は5月中旬のWPオープン時期に発表します。

ワールドプラザNews 一覧

100 legs of Terror 2013.04.04
After the rainy season in Japan there is an official “bug season” or insect season. This is when the mosquitoes become even more common and many of the other insects like beetles and cicadas start appearing. One day one of them found a way into my house.

In the early morning I woke up to a sharp pain in my hand. I sat up and checked my hand. It felt numb so I thought that maybe I had accidentally slept on it. But as I started to become more awake and alert, the pain felt more like a bee sting. I got up and ran some cold water on my hand and looked at carefully. There was a red mark on it and the area around it was sweating. I had definitely been bitten by something. Then I was nervous because my wife was still asleep and the bug could still be in the bed. I carefully looked around the bedroom but didn’t find anything. Then I picked up my pillow and to my horror I saw a 10cm centipede (むかで). It looked dead, so I quickly scooped it with some tissues and threw it away. Since my hand hurt and I had heard that centipedes were poisonous, I woke up my wife. She checked the Internet to see what I should do. One website said that centipede poison could kill small children. That didn’t make me feel better. Another website recommended running my hand under hot water, as hot as possible, and to clean it with shampoo. Apparently some chemical in the shampoo helps get rid of the poison. For 10 minutes I left my hand in hot water and cleaned it several times with shampoo. Amazingly enough, the technique worked. The pain was not nearly as bad. I still felt like I had been bitten and the area felt a bit strange. Then my wife noticed that the centipede was still alive, and that it was crawling out of the waste basket. Before I could decide how to deal with it, my wife attacked the centipede with chopsticks and dropped it into a bucket of hot water. Our early morning visitor was dead.

Now I check the bed for bugs and lift up my pillow several times before going to sleep. The weather is turning cooler too, so I think this year’s bug season is over. I certainly hope so.

(John)

※ 現在、休刊中です。
   目からウロコが落ちるようなコラムが届いたら、
   不定期で掲載していきます。

目からウロコラム 一覧