研究所・研究センター(研究活動)

TOP 研究所・研究センター 研究所概要 研究センター概要 地域研究センター図書館 アクセス

研究所概要

人類学研究所

半世紀の伝統を踏まえ、主にアジアの民族文化を研究
神言会員でW・シュミット博士の系譜を継承すべく設立されて以来、55年程の伝統があります。主にアジア諸地域の伝統的民族文化を研究対象とし、宗教の人類学的研究を中心とする特定テーマの比較研究を実施。アジア民族文化の特性とその形成過程の解明を目的としています。その成果は『南山大学人類学研究所叢書』や『人類学研究所通信』によって公開されています。
また『Asian Folklore Studies』(年2回刊)は、元研究所員のマチアス・エーデル師がほぼ独力で40年間にわたって刊行してきた専門雑誌であり、同師の亡きあと、研究所はこれを正式に引き継いでいます。他に年に数回、大学内外の人類学者による公開講演と、懇話会を開催しています。
http://www.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/ <<   前のページに戻る



南山宗教文化研究所

宗教や文化の研究を通じて、対話と相互理解を進める活動を展開
世界の宗教と文化一般に関する学際的な研究、とりわけ日本を中心とした東洋の宗教と文化に関する研究と、キリスト教・仏教・神道などの諸宗教や現代文化一般との対話と相互理解を促進する活動を行っています。その一環として、日本の宗教に関する学術書や学術雑誌Japanese Journal of Religious Studiesを編集・刊行し、「科学・こころ・宗教」をテーマとした一連の懇話会や文化間対話を促進する国際ワークショップなどを開催しています。
http://nirc.nanzan-u.ac.jp/ja/ <<   前のページに戻る



社会倫理研究所

現代社会における価値と倫理の諸問題を研究
現在の産業社会及び技術文明の中で人間性が失われようとしている風潮に対し「人間の尊厳」を回復する方途を探求する新しいタイプの研究所です。そこで経済学、経営学、法学などの社会科学の立場から、現代経済社会における価値と倫理の諸問題を研究すると共に、これらの問題に対する社会的関心を喚起し普及することを目指しており、『社会と倫理』の刊行を始め、シンポジウムの開催等を行っています。
このような研究活動と並行して、社会倫理に関する図書類を収集・整理し、経済学、社会科学方法論関係の文献を収集した「松山文庫」と共に利用者の便宜を図っています。
http://rci.nanzan-u.ac.jp/ISE/
<<   前のページに戻る