南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ研究所・研究センター人間関係研究センターセンター紹介
南山大学 人間関係研究センター
English
交通アクセス お問い合わせ
トップページ TOP:センター紹介 公開講座 講演会 研究会 コンサルテーション 刊行物
人間関係研究センターのミッション   スタッフ紹介   関連リンク   メールマガジンの申し込み

人間関係研究センターのスタッフ紹介

センター紹介
>> スタッフ紹介一覧に戻る

伊東 留美(南山大学短期大学部英語科講師)

○ 専門領域

アートセラピー、臨床心理学

○ 2017年度担当講座

第107回人間関係講座(コミュニケーション)秋

 

 


経歴

New York University, Schoolof Education, Health, Nursingand Arts Professions, ArtTherapy Program修士課程修
了。文学修士。American Art Therapy Association認定Art Therapist。臨床心理士。学生相談室や大学の授業の中で創造的活動を通して自己発見、自己表現のあり方を模索している。現在、南山大学短期大学部英語科准教授。

自己紹介

短期大学時代は英語を専攻し、アメリカの大学に編入後、心理学と美術を両方学べるアートセラピーを専攻しました。「創造性とは何か?」という衝撃的な問いを投げかけられ、それ以降、ずっとその問いの周りをつかず離れず回り廻っている感じがします。
最近の関心は、“Creative Wellbeing”です。心身共に健康であるために、創造性というのはキーになる要素です。アメリカのアートセラピストがこのテーマで活動をされていますが、日本でも広がるといいなと思っています。
私自身は、絵を描いたり、物を作ったりすることが大好きですが、時間がないのでなかなかできないのが現状です。実は、センターのカタログ表紙を担当していて、私にとっては大切な活動時間になっています。


主な研究実績・活動

 

 

タイトル
アートセラピーの贈り物

発行年月日
2016/3
出版元または
雑誌名
学事出版
概要
アートセラピーの芸術的側面に焦点をあて、「創造性」「想像性」「象徴」「創造的プロセス」について論じ、芸術(ここでは美術)活動が、自己の内的世界を象徴的に表現し、作り手自身へのメッセージとして示唆を提示してくれる働きを持つことを事例を通して論じている。

 

タイトル
アメリカ合衆国におけるラーニング・コミュニティの歴史的背景とその展開

発行年月日
2010/12
出版元または
雑誌名
南山短期大学紀要 , 南山短期大学 , 38号 , pp87-110
概要

 

タイトル
短期大学における学生相談のあり方についての一考察

発行年月日
2004/12
出版元または
雑誌名
南山短期大学紀要 , 南山短期大学 , 32号 , pp257-268
概要

 

 





センター紹介 トップページ センター紹介 公開講座 公開講座 講演会 講演会 研究会 研究会 コンサルテーション コンサルテーション 刊行物