南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ研究所・研究センター人間関係研究センターセンター紹介
南山大学 人間関係研究センター
English
交通アクセス お問い合わせ
トップページ TOP:センター紹介 公開講座 講演会 研究会 コンサルテーション 刊行物
人間関係研究センターのミッション   スタッフ紹介   関連リンク   メールマガジンの申し込み

人間関係研究センターについて

センター紹介
南山大学人間関係研究センターは、人間及び人間関係の学際的研究や実践を推進することと、その成果を公開していくことを目的としています。
人間関係を学ぶための「ラボラトリーメソッドによる体験学習」という教育方法の研究及び開発を行い、誰もが参加できる社会人講座を実施することによって、これまでその成果を幅広く社会に還元してまいりました。
東海地区に限らず、日本全国からの参加者をお迎えし、2018年現在、社会人講座には8250名に上る方々が受講されております。
また、学際的研究として、様々な学問領域から客観的分析的研究を行うとともに、人間性や対人関係能力の開発に取り組む実践的研究を行うところに、全国でも稀な特色があります。年1回発行している研究紀要「人間関係研究」は、その前身となる研究紀要「人間関係」(1984〜1999)と合わせて、全国的にも注目を集めています。

人間関係研究センターの研究目的

「広く学際的視点にたった人間関係研究」として、人間関係に関する理論研究、 人間関係へのアプローチ方法の実践研究、人間性豊かな関係性と社会の創生に向けた応用研究、に取り組んでいく。

 

人間関係研究センターの取り組み概要


設立の経緯

南山大学人間関係研究センターの起源は南山短期大学人間関係研究センターにあります。同センターは、1977年9月以来23年に渡って活発な活動を展開してきました。
2000年4月、その母体となる南山短期大学人間関係科が、南山大学文学部教育学科とともに人文学部心理人間学科へと発展したことを機に、現在の南山大学5つめの研究センターとして、新たな活動を開始しました。現在は、社会人を対象とした「ラボラトリーメソッドによる体験学習」とそれに関連する様々な研修会、ワークショップを開催するとともに、人間関係トレーニングを必要とされる様々な領域でのコンサルテーションなどをおこなっています。

センター長挨拶

KazuhikoNAKAMURA 中村 和彦 / 人文学部教授(組織開発、ラボラトリー方式の体験学習)
南山大学人間関係研究センターは、「南山大学のモットーで ある『人間の尊厳のために』をもとに、人間関係のプロセスに光をあて、そのプロセスから学び合うことができる民主的な風土づくりのための総合的な研究と教育実践」に取り組むことをミッションとしています。そのために、「ラボラトリー方式の体験学習」を中心として、体験学習やグループ、組織開発のファシリテーションを学ぶことができる講座を実施するとともに研究を行っています。皆様とともに学び、ともに成長していくことができるセンターを目指していきたいと考えています。



センター紹介 トップページ センター紹介 公開講座 公開講座 講演会 講演会 研究会 研究会 コンサルテーション コンサルテーション 刊行物