南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ研究所・研究センター人間関係研究センター公開講演会一覧
南山大学 人間関係研究センター
English
交通アクセス お問い合わせ
トップページ TOP:センター紹介 公開講座講演会 研究会 コンサルテーション コンサルテーション 刊行物
 

2017年度公開講演会一覧  

 

公開講演会 2017年度

公開講演会
>> 過去の実績 

当センターは、広く一般の皆さんへ人間関係に関する情報の発信基地となればと願い、毎年2回公開講演会を企画、運営しています。毎回、人間関係研究に関連のある様々な分野の講師にお越しいただき、お話しいただいています。

入場は無料です。お気軽にご参加ください。

 

※駐車場の設備はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。

※会場、配布資料の準備等の都合上、参加ご希望の方は、必ず事前にWebページからお申し込みいただくか、 ファックスにてお名前、ご連絡先をお知らせください。

 

 

《第2回公開講演会・研究会のご案内》〈開催終了〉

この度、当センターでは、第2回公開講演会・研究会として、『組織開発のためのシステム思考』をテーマとした講演会と研究会(ワークショップ形式)を開催することとなりました。詳細は下記をご覧ください。

 

 

組織開発のためのシステム思考

 

講 師

小田 理一郎氏

(有限会社チェンジ・エージェント 代表取締役社長兼CEO)

江口 潤氏

(有限会社チェンジ・エージェント 組織開発ファシリテーター/講師)

日 程

2018年2月21日(水)

10:00〜14:50:公開講演会『組織開発のためのシステム思考(基礎編)』

        ※9:30受付開始

        ※お昼休憩50分あり

13:00〜18:00:研究会『組織開発のためのシステム思考(実践編)』

 

※学習の深まりのために、公開講演会と研究会の両方へのご参加を原則としています。

※公開講演会と研究会の両方へご参加ください。研究会のみのご参加はできません。

会 場

南山大学

D棟5階 D51教室

チラシ PDF      
定 員

60名

参加費

無料

 

概要:公開講演会「組織開発のためのシステム思考(基礎編)」

 マネジメントや組織開発において、組織、チーム、個人を相互作用する要素の集合体としての「システム」として捉えることの有用性が頻繁に説かれ、その実践アプローチである「システム思考」は学習する組織の要として位置づけられます。しかし、複雑な挙動を起こすシステムをどのように見立て、働きかけをすればよいのでしょうか?この講演会では、システム思考の基本的な考え方や基本ツールを紹介し、集団がどのようにシステム的にものごとを観て、話し合い、一緒に考えることができるかを体験します。

 

《進行概要》(人数、時間の制約などから調整が入る場合があります)

    1.はじめに(チームビルディング)

    2.システム思考概論と組織の事例

    3.基本ツール(1)時系列変化パターングラフ

    4.基本ツール(2)ループ図

    5.基本ツール(3)システムへの介入

    6.学びの振り返り

 

概要:研究会「組織開発のためのシステム思考(実践編)」

 同タイトル基礎編(公開講演会)で紹介したシステム思考の手法に関して実践を通じて理解を深め組織への応用に関しての研究を深めます。この研究会では、参加者自身の組織課題についてグループ単位で取り組み、ループ図を作成して対話を行い、課題への理解を深めると共にどのような組織システムへの介入が可能かを探ります。また、生命システムの世界観から、個人と組織の相互作用について共に探求することを目指します。

 

《進行概要》(人数、時間の制約などから調整が入る場合があります)

    7.グループ編成及びチェックイン

    8.実践ワーク(1)今の現実をループ図に描く

    9.実践ワーク(2)今の現実をつくる構造とメンタル・モデルに関する対話

    10.実践ワーク(3)望ましい未来に導くシステムへの介入

    11.発表とディスカッション

    12.学びの振り返りとチェックアウト

 

 

講師プロフィール

 小田 理一郎氏

有限会社チェンジ・エージェント代表取締役社長兼CEO 、 東京大学非常勤講師
Global Associations of SoL Communities理事(Vice Treasurer)
【経歴】米国オレゴン大学経営大学院経営学修士(MBA)修了。人や組織が自律的に目的を達成する効果的な仕組みを作るための組織変革のスキルを2年間の米国留学で学び、多国籍企業で10年間、製品責任者・経営企画室長として、営業、生産、サプライ・チェーン、開発などさまざまな分野で業務・組織変革の実践に取り組む。2002年、企業の社会的使命の追求と非営利組織マネジメントの強化のためのコンサルティング提供のため独立、その後米国で法人化。2005年には、日本で有限会社チェンジ・エージェントを設立。人材育成、組織開発、チェンジ・マネジメントのための研修、コンサルティング、ファシリテーション、講演、執筆に従事している。2008年より米国に本拠地を置くSoL(組織学習協会)の日本コミュニティを設立し、日本での組織学習実践家たちのコミュニティを運営し、2012年よりグローバル組織での理事を務める。 主な著書として 『「学習する組織」入門』(英治出版)、『マンガでやさしくわかる学習する組織』(日本能率協会マネジメントセンター)の他、さまざまな共著、翻訳書がある。

 


 江口 潤氏

有限会社チェンジ・エージェント 組織開発ファシリテーター/講師
【経歴】大学卒業後、企業の人事制度構築運用、労務顧問(労使紛争対応)等、人事労務の専門家として実務を重ねる。企業経営者の人と組織にまつわる相談を受ける中で、制度や仕組みのアプローチだけでは悩みを解決することはできないと考え、模索する中で「学習する組織」に出会う。以降、実践を重ねる中でその可能性に惹かれ、人と組織について探究を深める。2015年よりチェンジ・エージェントに参画し、学習する組織・システム思考のアプローチをベースとした組織開発コンサルティングに従事している。

 

 

 

 


 

 

 

 

《第1回上映会・公開講演会のご案内》〈開催終了〉

 

この度、当センターでは映画「みんなの学校」上映会と、元大空小学校校長の木村泰子

さんを講師として招聘し、公開講演会「みんながつくる みんなの学校−すべての子ども

の居場所を地域の学校に−」を開催することになりました。

 

また、今回は特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会(FAJ)との共催で、2部

構成となっており、第1部は、南山大学人間関係研究センターが上映会・公開講演会を

主催し、第2部は日本ファシリテーション協会(FAJ)中部支部が主催の定例会を開催

致します。

 

日時:12月16日(土)

第1部:映画「みんなの学校」上映会(10:00-12:00)
     木村泰子さんの公開講演会(13:00-14:45)


第2部:日本ファシリテーション協会主催 定例会(15:00-17:30)

"「ともに学び、ともに生きる」ために、ファシリテーションが貢献できることは?"

〜「みんなの学校」から探ろう!をテーマに、大人数による対話の場を通して探ります。

木村泰子さんにも参加していただきます。

 

 

※第1部と第2部のお申込みついては別ページとなっておりますので、ご注意ください。  

 詳細については、下記をご覧くださいませ。

 

 

第一部:人間関係研究センター主催 上映会・公開講演会〈開催終了〉

 

みんながつくる みんなの学校 

    ―すべての子どもの居場所を地域の学校に―

講 師

木村泰子さん

 

(元大空小学校校長)

日 程

2017年12月16日(土)

♦映画「みんなの学校」 上映会

 10:00〜12:00        

 ※受付9:30〜 

             

♦木村泰子さん 公開講演会  

 13:00〜14:45(質疑応答含む) 

 受付12:30〜(講演会から参加の方)

 

*上映会と講演会の間に、Handbell Company

 一音(南山短期大学卒業生チーム)によるハンドベル演奏がございます。

会 場

南山大学

D棟地下1階 DB1教室

チラシ PDF
定 員

300名

参加費 無料

 

 

映画「みんなの学校」概要

全ての子供に居場所がある学校作りを目指す大阪市立南住吉大空小学校の取組を、長期

にわたり丁寧に追い続けた教育ドキュメント。他の地域では厄介者扱いされていた転校

生が、教師と同級生、そして地域が包み込むことで、素直で心優しい子供に成長してい

く姿は、見ている者の心を熱くする。大空小学校の試みは、上からの教育改革とは一線

を画す、現場からの教育改革でもある。平成25年度(第68回)文化庁芸術際大賞受賞。

(c)合同会社東風

 

>>映画公式サイト

 

 

 

講師プロフィール

木村泰子さん

大阪市立大空小学校初代校長。大阪市出身。武庫川学院女子教育学部短期大学保健

体育学科(現武庫川女子大学短期大学部健康・スポーツ学科)卒業。

「みんながつくる みんなの学校」を合い言葉に、すべての子どもを多方面から見つ

め、全教職員のチーム力で「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」こと

に情熱を注ぐ。学校を外に開き、教職員と子どもとともに地域の人々の協力を経て

学校運営にあたるほか、特別な支援を必要とされる子どもも同じ教室でともに学び、

育ち合う教育を具現化した。

2015年春、45年間の教職歴をもって退職。現在は全国各地で講演活動、取材対応な

どで多忙な日々。

主な著書は、2015年9月16日、学び合いと育ち合いを見届けた3290日の軌跡がつづ

られた本『「みんなの学校」が教えてくれたこと』を刊行 小学館

2016年7月25日『「みんなの学校」流自ら学ぶこの育て方』を刊行 小学館

2016年8月10日『21世紀を生きる力』を刊行 水王舎

 


 

第二部:日本ファシリテーション協会(FAJ)主催 定例会〈開催終了〉

 
"「ともに学び、ともに生きる」ために、ファシリテーションが
貢献できることは?" 〜「みんなの学校」から探ろう!
詳 細

詳細につきましては上記URLをご覧ください

日 程

2017年12月16日(土)

15:00〜17:30

会 場

南山大学

D棟5階 D51教室

対象 どなたでも可
定 員

90名

参加費 FAJ会員・非会員ともに無料 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

<人間関係研究センター共催>  【開催終了】

<ODNJ中部分科会主催>

 組織開発×働き方改革

  〜愛知の実践事例から学ぶ〜

主催者案内WEBページはこちら!

http://www.odnj.org/2017/10/13/3467/

 

登壇者 中村和彦氏 (南山大学 人間関係研究センター センター長)     

 

辻 沙希氏 (豊田通商株式会社 人事総務部 いきワク推進室)

 

加藤晋也氏 (株式会社デンソー 人事部副部長)
日時 2017年11月12日(日)   12:30〜18:00 会場 南山大学 D棟地下1階 DB1教室
対象 ODNJ会員および組織開発に関心のある方 参加費 無料
申込 不要 ※当日会場に直接お越しください チラシ PDF

 

詳細につきましては、主催者案内WEBページをご覧ください