南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ大学院法科大学院法友会司法試験合格者の声
南山大学 法科大学院
トップ 基本情報 教育の特長 教員・スタッフ 施設 入試 学費/奨学金 交通アクセス
施設までの道順案内

メッセージ

岡部 周作さん (2016年度合格)

 私は、南山法科大学院の標準修業コースに入学しました。法学部出身ではなく、南山法科大学院に入学する前には、全くといってもよいほど法律の勉強をしたことがありませんでした。このような私が、司法試験に合格できたのは、南山法科大学院で勉強できたおかげです。
 私は入学時に法律の知識を全く有していなかったので、授業についていくために先生によく質問をしていました。先生は授業後のみでなく、在室時には快く質問を受けてくれました。わからないことが直ぐに聞けるということは、勉強していてとても重要なことだと思います。
 学習環境については、大学院の施設の中に大学院生専用の図書室があり、法律雑誌、各科目の専門書も充実しており、深く学ぶことができる環境も整っています。また、学生の研究室については一人一人に机が割り当てられ、それも勉強するのに十分な広さの机で、何冊もの本を並べて勉強したときでもスペースが足りないと感じたことはありませんでした。
 合格するには、たくさん勉強するしかありません。南山法科大学院はその勉強をサポートしてくれます。充実した勉強ができる南山法科大学院だからこそ、他学部出身の私でも合格できたのだと思います。

 

早川 直樹さん (2016年度合格)

 私は、南山大学法科大学院未修者コースに入学しました。そして、法科大学院に進もうと考えていたのは高校3年生のころからだったので、南山大学法学部に入り大学時代から予備校に通うなどしていました。しかし、大学時代はまじめに勉強していなかったため、大学院に入ってから苦労しました。
 南山法科大学院は学生間の仲が良く、また先生方も面倒見がいいため勉強で分からないことがあるとすぐに周りに相談することができました。そして、自分専用のキャレルが用意されるので勉強に打ち込むことができました。さらに、アドバイザー制度というものがあり、南山法科大学院を卒業し実際に弁護士をされている方に勉強方法や受験時代の生活方法等、様々な面において相談に乗ってもらうことができます。
 修了してからも先生方は積極的に声をかけてくださいましたし、アドバイザーの先生も今後の進路などを気にかけてくれました。そのおかげで、4度目の受験まで頑張ることができ合格することができました。
 このように、勉強面についてはもちろん勉強以外の面についても、親身になって相談に乗ってくれる、それが南山法科大学院です。

 
このサイトについて Copyright Nanzan University. No reproduction or republication without written permission.