南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ大学院法科大学院法友会司法試験合格者の声
南山大学 法科大学院
トップ 基本情報 教育の特長 教員・スタッフ 施設 入試 学費/奨学金 交通アクセス
施設までの道順案内

メッセージ

宮前 浩之郎さん (2017年度合格)

 私は大学卒業後10年ほど企業勤務を経験した後、南山大学法科大学院に入学・修了しました。法科大学院に入学するにあたって南山大学を選んだのは、ここであれば自分のペースで勉強ができるからです。勉強というのは人それぞれ合ったやり方というのがあると思います。自分に合ったロースクールを選ばないといけないです。南山大学の法科大学院は、勉強したければそれに応えてくれるロースクールです。先生方は夜遅くまで質問につきあっていただけますし、アドバイザーの弁護士の先生も皆さんとても根気よく面倒見て下さります。それが在学中だけでなく、修了後も変わらずだったのが嬉しかったです。
 私のような若干年齢がいっている人間が、2回落ちたにもかかわらず3回目で合格することができたのは、先生方、アドバイザーの先生、事務や司書の方、多くの大学院関係者の皆様のご支援があったからこそと思います。小規模なロースクールですが、その分一人一人の学生にしっかり向き合ってもらえる、それが南山大学法科大学院です。
 司法試験の合格はあくまで通過点の一つに過ぎません。私にとって、これから法曹としての人生を歩む上でも、様々な勉強をさせてもらった場所でした。

 

社古地 健人さん (2017年度合格)

 私は、南山大学法学部を卒業し、南山大学法科大学院の標準修業コースに入学しました。大学と同じく法科大学院も南山を選択したのは、大学時代に接した先生方がとても面倒見がよく親切で、継続して学びやすい環境だと思ったからです。
 南山大学法科大学院の良い点は、学生の人数が多すぎず、先生との距離が近いので、自分の悩みや疑問をすぐに解消できる環境が整っている点です。授業中の発言回数も多くなるので、自ずと勉強に対する主体性が身につきます。学生間の仲も良いので、ストレスなく日常生活を送ることができます。また、自分専用のキャレルが用意されているので、自習室の席取りなどを心配する必要なく、勉強に打ち込むことができます。司法試験との関係では、南山大学法科大学院を修了して弁護土をされている実務家の先生方から実践的な指導を受けられるアドバイザー制度があります。
 司法試験に合格するためには、勉強を試験前のイベントではなく、生活の一部として、継続的に実践していく必要があります。そのためには、勉強を継続しやすい環境が不可欠であり、南山大学法科大学院にはその環境が整っています。

 

村上 光平さん (2017年度合格)

 私は、南山大学法科大学院未修者コースに入学しました。他大学の法学部出身でしたが、奨学金制度や大学院のレベル、通いやすさなどを考慮して南山大学の法科大学院を選択しました。
 南山には、院生であれば出入り自由であるラウンジが設けられ、研究室は数人単位で割り当てられます。勉強をしていく中で、学生間でアドバイスをしあうこともあります。司法試験の合格を目指すのはとても大変です。苦しいとき、同じ目標をもつ仲間の存在は大きな助けになります。南山の施設環境は、他大学と比べても、学生間で交流が行いやすく、モチベーションを高めながら司法試験の合格を目指せるものだと思います。
 学習面においても、先生方の授業はとてもわかりやすく、重要なポイントをしっかりとおさえています。大学院専用の図書館には資料が充実しており、いつでも知識の確認をおこなえます。
 わからないことがあれば、授業時間外であっても先生方は快く相談に乗ってくださいます。南山大学法科大学院には、合格を目指すうえで必要なものがそろっており、法科大学院の選択が私の司法試験合格を大きく支えてくれたと思います。

 

倉内 怜さん (2017年度合格)

 私は、法学部出身で、旧司法試験短答式試験の合格経験がありました。しかし、論文の勉強方法で悩み続けていたため、ゼロから勉強をやり直そうと思い、南山大学法科大学院未修者コースに入学しました。
 ところが、生まれつき肌が弱く、薬の副作用により肌の状態が悪化してしまい、入学当初から休学することになってしまいました。また、回復後の2年生のときにも、やはり肌の悪化がありました。そのような状況でも、先生方の間で私の状態を共有していただき、大変なご配慮をいただきました。先生方の温かいお言葉が今でも忘れられません。南山大学法科大学院は、学生は少人数であり、先生との距離も近いので、勉強はもちろん、勉強以外の身体や家庭のことなど、受験勉強を続けるうえでの様々な心配事についても相談できます。
 勉強は最後には一人でするものです。大学院では、自分用のキャレルがあるので、静かにじっくり勉強に打ち込めます。もっとも、議論したり、答案を添削してもらったりと、時には友達の助けも必要になります。院生同士は仲が良いので、一人ではできない質の向上も期待できます。このような、個人プレーとチームプレーのどちらの環境も整っているのが南山大学法科大学院です。

 
このサイトについて Copyright Nanzan University. No reproduction or republication without written permission.