南山大学 人文学部 心理人間学科 南山大学 人文学部 心理人間学科
TOP 学科紹介 受験生の方へ 将来について 特集 リンク アクセス

卒業生の声

心理人間学科では、毎年度、卒業生を対象としたアンケートを実施しています。授業科目に対する感想を尋ねて授業改善に生かすことが主要な目的ですが、心理人間学科で過ごした感想も書いてもらっています。毎年、よく似た感想が寄せられていますが、受験生のみなさんや本学科の教育に関心をお持ちのみなさんに有益と思われる教育内容にかかわる感想を紹介しておきたいと思います。参考にしてください。

2012年度卒業生

  • 人と関わることが苦手だったのですが、それができるようになったり、その大切さに気づけたのが心理でした。心理でよかったです。
  • 先生方が皆さん個性的で面白くて好きでした。こんなに先生と学生が近い学科は他にないと思います。最初にあった新入生オリエンテーションでは、先生方がとても協力的で驚きました。本当に楽しくてその時点でうちの学科に入って良かったと思いました。学科科目はだいたいどの授業も興味深く面白かったです。
  • こんなに個性が豊かな先生と学生がいるのは心理人間学科ならではだったと思うのですごく楽しかったです。私はフィールドワークが一番好きで履修して良かったと思う授業だったのでもっと多くの人に履修してほしいです。

2011年度卒業生

  • 就活をしていた時に「心理人間学科」と言って「心読めるの?」と聞かれた。実際、心理学と聞くと一般的にそう感じられるのかもしれない。大学で心理学、人と関わることを学んで何が得られるのかと自分に問うと「今はまだ分からない」と答えると思う。でも、社会に出て自立する時、自分のあり方や人間関係を学んだことが生活の中で生かされていると実感すると思う。心理人間学科で学べて良かったです。
  • 先生と学生が近い。距離が近いので親しみやすい。心理(人の心)について扱っているだけあって、本当に人間関係が温かくて良かった。
  • 教育に興味がわき、「私は子どもが好き」ということを発見させてくれたのが心理人間学科でした。この大学で人間関係フィールドワークができて本当に良かったです。
  • 体験型学習やフィールドワークなど他の学科に入っていたら経験できなかったことがたくさんできてとても有意義な時間を過ごせました。一回り大きくなって卒業できます。

2010年度卒業生

  • 心理を絡めた色々なテーマの講義があって視野が広がった(社会心理、教育心理、認知心理、哲学など)。授業内容の幅が広くていいと思った。
  • フィールドワーク実習が非常に思い出に残っています。苦労したことも多かったですが、通い続けることで学ぶことがたくさんありました。
  • 大学に入ってから、自分自身について深く考えている自分に改めて気づいた。そしてそれを話して分かち合うことにできる友人が心理人間学科にとても多くいることに気づいた。自分が心理人間学科に入ったことは必然だったと思うと同時に、入ることができてとてもよかったと思う。また、ラボラトリー方式の体験学習の授業では自分について知り、心理学の知識と実体験がリンクすることを実感した。価値観が変わるような経験をたくさんさせて頂きました。
  • ゼミに入ってから自分で課題を見つけてそれにアプローチするという方法を学んだ。これは今後の人生で待ち受ける様々なことに応用できると思う。論文を書くことで多くのことを学ぶことができた。