南山大学 人文学部 心理人間学科 南山大学 人文学部 心理人間学科
TOP 学科紹介 受験生の方へ 将来について 特集 リンク アクセス

News&Topics

Essay

教員エッセイ バックナンバー

学科所属教員のエッセイを隔週で更新していきます。お楽しみに!

児童文学への招待

2018.11.12 高橋 亜希子

 私は、疲れたときやゆっくりしたいときにはよく児童文学を読みます。『クローディアの秘密』『あしながおじさん』『トムは真夜中の庭で』『飛ぶ教室』『がまくんとかえるくんシリーズ』などなど・・ちょうど小学校中学年から高学年むけのものでしょうか。小説の形になっていて、一まとまりの話として読める児童文学は、大人でも読み応えがあって、人生の真実を教えてくれる作品が多いように思います。その中で、有名な『ムーミン』の中の一つの作品を紹介します。

おすすめ情報 バックナンバー

物事を考えていくきっかけとなるような興味深い情報を、隔週でお伝えしようと思います。
書籍、TV番組、映画…何が取り上げられるのでしょう!!

ルートヴィヒ・ベルネの「三日間で独創的な著作家になる方法」

2016.4.11 岡田 暁宣

 「さて、これらがお約束の実用化である。まず、二、三帖の紙をとって、三日の間続けざまに、嘘や気取りを交えずに諸君の頭の中に浮かんでくることを全部、何から何まで書き続けるがよい。諸君が自分自身について考えていること、諸君の女たちのこと、トルコとの戦争、ゲーテ、フォンクの犯行経過、最後の審判、諸君の上役、こういうことを書くがいい――そうすれば三日後には、諸君は新しい、思いもよらなかった思想を持つようになったおどろきのあまりに、すっかり我を忘れてしまうだろう。これこそが、三日間に独創的な著作家になるための技術なのである!」(フロイト著作集9、人文書院より)

在学生・卒業生への連絡

一般の方へ

おとなの学び方 いろいろ
南山エクステンション・カレッジ公開講座、科目等履修生、編入学といった諸制度についてご紹介します。

Webclass
sengen