南山大学 人文学部 心理人間学科 南山大学 人文学部 心理人間学科
TOP 学科紹介 受験生の方へ 将来について 特集 リンク アクセス

出版物 浦上昌則

浦上昌則教授がかかわった出版物を、コメント付(一部、表紙の画像付)で紹介します。

浦上昌則が関わっている本

現代のエスプリ『フリーター』

後藤宗理・大野木裕明(編) 至文堂 2003年2月発行 (フリーターというものをキーワードに、中学校などの先生から、いわゆる研究者、そして職業指導室、産業界など様々な領域の人々が執筆しています。フリーターという存在に対する各自の見解が文章に出ていて、その違いに注目してみるのも一興です。ちなみに私は、「高校生の進路選択」という章を担当しています。私のフリーターという存在に対する見解は…)

学校教育の心理学

梶田正巳(編著) 名古屋大学出版会 2002年9月発行 (やはり進路指導のことを担当しました。進路設計に関して、自己やアイデンティティ、家族、社会などといった観点から複数の章があてられています。この点は、ちょっと他の学校教育心理学の教科書とは違う点です。ちなみに発行元の「名古屋大学出版会」は、名古屋大学の出版会ではなくて、名古屋の大学出版会です。どーでもいいことですが。)

セルフ・エフィカシーの臨床心理学

坂野雄二・前田基成(編著) 北大路出版 2002年8月発行 (様々な領域におけるself-efficacy研究をまとめた専門書。私はcareer decision-making self-efficacyについて書いています。誰にでもおすすめできるような本ではありませんが、self-efficacy理論を使って研究をしてみたいという学部生くらいにぴったりではないでしょうか。)

生きる力をつける教育心理学

速水敏彦・吉田俊和・伊藤康児(編) ナカニシヤ出版 2001年3月発行 (教員を目指そうとする人たちに向けて書かれたものです。比較的コンパクトにまとめられた章で構成され、全20章がまとめられています。やはり私は「進路指導」を担当しました。担当章の最後の部分で、「今とこれからを積極的に語る」という副題で、自分の意見を比較的強く出しています。2200円で300ページ弱という、お値打ちな本だと思ったり…)

心理学マニュアル 面接法

保坂亨・中澤潤・大野木裕明(編著) 北大路書房 2000年3月発行 (心理学研究における相談的面接や調査的面接について、読者が実習的に修得できるようまとめられたものです。個人的には、進路指導の面接についての理解と技術が、もっと広く知られてほしいと思っています。)

エッセンシャルズ 教育心理・生徒指導・教育相談

二宮克美・宮沢秀次・大野木裕明・譲西賢・浦上昌則(著) 福村出版 1999年4月発行 (小・中・高校の教員を目指そうとする人たちに向けて書かれたものです。人間の発達や学習、生徒指導や進路指導、教育相談やカウンセリングを中心に基礎的なことがらをまとめています。)