南山大学 人文学部 心理人間学科 南山大学 人文学部 心理人間学科
TOP 学科紹介 受験生の方へ 将来について 特集 リンク アクセス

出版物 グラバア俊子

グラバア俊子教授がかかわった出版物を、コメント付(一部、表紙の画像付)で紹介します。

グラバア俊子が関わっている本

新・ボディワークのすすめ−からだの叡知が語る 私・いのち・未来

創元社 2000年発行 1988年に「ボディー・ワークのすすめ−からだと自己成長」を出版しました。「からだ」という窓から覗いてみたらどんな自分が発見できるか、ご一緒に試してみませんかというお誘いでした。私自身の、自分さがしの旅から得た、自己理解、自己成長への新しい具体的なアプローチを紹介しています。
しかしその後、からだの基盤である自然環境の悪化に伴い、自己というものを、地球という大きないのちの循環過程の中で、捉え直さざるをえませんでした。また、自然、いのちの循環から切り離されたライフスタイルが引き起こす、さまざまな問題に何らかの道を見いだそうと、第4部を書き加えたものが「新・ボディワークのすすめ」です。
そこでは、人間の持つ三つの叡智(からだの叡智→こころの叡智→あたまの叡智という流れ)というホリスティクな人間観を示し、五感の教育を提唱しています。

第1部 自己の象徴としてのからだ ・・解説編
第2部 ある内面への旅−ロルフィングを通して ・・体験編
第3部 自己成長の手がかりとしてのからだ ・・実習編
第4部 未来を切り拓く私たちのからだ−五感の教育 ・・いのち編
第5部 旅立ち−それぞれの道 ・・情報編