南山大学 人文学部 心理人間学科 南山大学 人文学部 心理人間学科
TOP 学科紹介 受験生の方へ 将来について 特集 リンク アクセス

News&Topics

Essay

教員エッセイ バックナンバー

学科所属教員のエッセイを隔週で更新していきます。お楽しみに!

アキレス最期の闘い―カメを止めるな!―

2020.6.22  加藤 隆雄

津波になっても「大丈夫だろう」と言って逃げないとか、大雨が降って川が氾濫しても「ここに40年住んでるけど水が家まで上がったことはないから」と思って逃げないとか、新型のウイルスに対しても「まさか自分にかかることとないだろう」と根拠のない自信を持っているとか。
心理学を勉強したことのある人は、「あっ!正常性バイアスだ!」と思うアレである。
ただ、正常性バイアスの使用を意識的に止めることは結構難しい。なぜなら、「いままでがこうだから次もこうだろう」とみなしておかないと、「この場所は大丈夫だったけど1歩先には落とし穴が潜んでいるかもしれない」とか「きょうは大丈夫だったけど明日はゾンビが襲ってくるかもしれない」などと考え続けていなくはならず、何もなくても緊張感に耐えられなくなってしまう。

おすすめ情報 バックナンバー

物事を考えていくきっかけとなるような興味深い情報を、隔週でお伝えしようと思います。
書籍、TV番組、映画…何が取り上げられるのでしょう!!

ルートヴィヒ・ベルネの「三日間で独創的な著作家になる方法」

2016.4.11 岡田 暁宣

 「さて、これらがお約束の実用化である。まず、二、三帖の紙をとって、三日の間続けざまに、嘘や気取りを交えずに諸君の頭の中に浮かんでくることを全部、何から何まで書き続けるがよい。諸君が自分自身について考えていること、諸君の女たちのこと、トルコとの戦争、ゲーテ、フォンクの犯行経過、最後の審判、諸君の上役、こういうことを書くがいい――そうすれば三日後には、諸君は新しい、思いもよらなかった思想を持つようになったおどろきのあまりに、すっかり我を忘れてしまうだろう。これこそが、三日間に独創的な著作家になるための技術なのである!」(フロイト著作集9、人文書院より)

在学生・卒業生への連絡

一般の方へ

おとなの学び方 いろいろ
南山エクステンション・カレッジ公開講座、科目等履修生、編入学といった諸制度についてご紹介します。

Webclass

sengen

sengen