1 南山大学 法学部 法職特別課外講座
南山大学 法学部
南山大学 法学部
トップ 学部 ゼミ紹介 将来の進路 リンク 交通アクセス
施設までの道順案内

法職特別課外講座

 「法職特別課外講座」は、主に司法試験を始めとする各種国家試験や地方公務員試験などの受験希望者に対し、自己の勉学を効率的なものにし、その理解を容易にするために設けられた講座です。
 また、上記に限らず、通常の講義で得た法律の知識の再確認したり、一層深化させることを希望する学生に対しても十分な効用を提供できる役割も持っています。実際、この講座を受講したことにより、学内の定期試験に非常に役に立ったとの声も少なからず寄せられています。
 本講座は、原則として法学部の教員が担当します。皆さんが自らの関心・学力に合わせて適切な科目を選択し、積極的にこの講座を利用されることを期待します。

 

主要試験

1.募集するコース

コース名 講座の内容 定員 受講料 講座概要

ベーシック
コース

このコースは、1年次に学ぶ憲法・民法・刑法について授業の予習・復習なども兼ねており、
各種試験の受験希望者に限らず、広く向学心のある学生のために開かれるコースです。
原則的に1年次生対象のコースですが、2年次生も基本事項の復習に役立てることができます。
(1) 憲法
  (春学期)
1年次春学期に学ぶ「憲法A(人権)」に対応するコースで、憲法の勉強の仕方から、授業の予習復習、定期試験の心得など、授業に関連する事柄以外にも、法学検定試験4級の問題に当たるなど、幅広く学びます。 100名 5,000円
(計10回)
PDF
受付期間:2017年4月1日(土)〜4月11日(火)まで
(2) 民法
  (春学期)
1年次秋学期に学ぶ「民法総論」の予習を中心に、「憲法」とは異なり、より身近な法律問題に関連する「民法」の世界に、一足先に飛び込んでみましょう。 100名 3,000円
(計6回)
PDF
受付期間:2017年4月1日(土)〜6月8日(木)まで
(3) 刑法
  (春学期)
「刑法総論」(刑総)の予習復習をしっかりとしながら、刑法の勉強の仕方を学び、かつ憲法や民法との思考方法の違いや、分野の特質についても考えつつ、刑法に関する理解をさらに深いものにしていきましょう。2年生になると学科科目として「刑法各論」の履修も始まりますから、その予習もしておきましょう。学科科目の授業だけでなく、さらに深くかつ先を学んでいきましょう。 100名 6,000円
(計12回)
PDF
受付期間:2017年4月1日(土)〜4月14日(金)まで
(4) 民法
  (秋学期)
「民総」の予習復習をしっかりとしながら、民法の勉強の仕方を学び、民法に関する理解をさらに深いものにしていきましょう。2年生になったらさらに他の民法の科目も学科科目として勉強しますから、その予習も忘れてはいけません。学科科目の授業だけでなく、さらに深くかつ先を学んでいきましょう。 100名 3,000円
(計6回)
PDF
受付期間:2017年9月5日(火)〜9月21日(木)まで

(5)資格取得
民法基礎
コース

司法書士、行政書士、宅建など資格取得を目指す人たちにとって重要な科目となるのが民法です。 その民法に焦点を当てて、重点的に学ぶコースを夏期休暇期間中に新設しました。授業を担当するのは、南山大学法学部出身の現役司法書士です。民法だけでなく、司法書士の仕事について、実務経験を踏まえたお話しなどを、あなたも聞いてみませんか。

50名

7,500円
(計10回)

PDF
受付期間:2017年4月1日(土)〜9月4日(月)まで

2.申込手順

● ベーシックコース、法科大学院既修者コースの申し込みについて

  (1)申込用紙に所定の事項を記入し、

  (2)A棟1階にある法学部事務室において確認を受ける。

  (3)C棟3階ロビーの自動販売機で証紙を購入し、

  (4)再び法学部事務室を訪ねて登録を受ける。

なお、各科目とも申し込み締切日前であっても募集予定人員に達した場合には募集を打ち切ることがあります。

 

[ 法学部事務室 ] phone:052-832-8011

3.法職教材

法職では、試験用の本等を図書館の指定図書のコーナーにおいています。法職講座受講者に限らず、誰にでも貸し出していますので、大いに利用して下さい。


このページのTOPへ戻る▲