南山大学 法学部
南山大学 法学部
トップ 学部 ゼミ紹介 将来の進路 リンク 交通アクセス
施設までの道順案内

教育の目標 学部長のあいさつ

「人間の尊厳のために」を自覚し社会に貢献できるリーガル・マインドを身につけた人材の育成

法を学ぶ、南山で学ぶ

 のびのびした学風の下、体系的、多角的に「法」を学び、法学的素養と法的思考を身につけます。

 法学部では、まず法のしくみについて学びます。法治国家においては、法のカバーすべき分野はきわめて広く、憲法、行政法を中心とする公法分野、民法、商法、民事訴訟法を中心とする民事法分野、刑法、刑事訴訟法を中心とする刑事法分野のほか、労働法、国際法、経済法など、社会の全般にわたっています。南山大学では、これらの伝統的な三分野や諸法のほかに、現代的な法分野、たとえば、情報法、知的財産法、ジェンダーと法といった分野についても、科目を置いています。
 ただ、注意すべき点は、基礎的知識の習得は不可欠であるものの、法律学の要諦は、法律ではこうだという結論のみを導き出すことではありません。法律学においてより重要なことは、法のしくみを知ると同時に、そのような法の背後にあり、そのような法律や法解釈を生み出している利益・価値の実質を理解することにあります。なぜなら、法は一定の目的や政策を実現するために、関連するさまざまな利益を調整する一手段ですから、ある法解釈が妥当かどうか、別の解釈の余地はないか、法律自体が妥当か、必要かどうかなどは、背後にあるそうした利益・価値への考慮や検討なしには論じられないからです。
 このような法的思考の過程では、背後にある利益・価値の分析、評価にあたり、誰と誰との利害、あるいは、社会公共の利害がどのように関係し、あるいは、対立しているか等を見極めた上で、解済策や解決策を探る検討が不可欠です。その意味で、法を学ぶことは、社会のいわば「生の」現実を知るとともに、法のありかたや社会のありかたを自ら主体的に考えることなのです。
 大学は学びの場であると同時に、社会への架け橋、社会へ向けての巣立ちの場でもあります。法を学び、社会を知り、社会のありかたを考えることは、同時に、自分自身の社会における生き方、ありかた、キャリアを考えることにもなるはずです。


法学部長 沢登 文治   

このページのTOPへ戻る▲